FC2ブログ

SKID ROW スキッドロウ

キョービ、Guns N' Roses ガンズアンドローゼズのニューアルバム「Chinese Democracy」で話題が持ちきりでは御座いますが、このSKID ROWも以前は、ガンズと同系列で語られていたものだ。SKID ROWはボン・ジョヴィの舎弟的なデビューの仕方をしたにせよ。

結局、SKID ROWはセバスチャン・バックを解雇した。ガンズは逆でアクセルが全員を解雇。
脱退、復帰、解散、再結成はバンドに付き物だし、ある意味それが醍醐味となりうる場合もあるが、その後、SKID ROWは下降していく。

なんで、あんなにカリスマ性のあるボーカリスト、セバスチャン・バックを解雇したのか。人間関係を重視し、仕事のできる奴を解雇。その結果が、このありさま。

SKID ROW
スポンサーサイト



| BACK TO TOP |

AMORPHIS アモルフィス

いわゆる、メロデスに属するバンドの中で早いうちに初来日を果したバンド、通常のボーカルスタイルとデスボイスのフロントマン二人。フィンランドの民族音楽を大胆に取り入れ、面白いバンドだと当時思った。初来日後、音楽的にはニューウェーブに向っていく。結局、メロデスの行き着く先はニューウェーブだと思っていたから、別にこれはこれで面白かった。メタルファンはどう思ったのかわからないが。他のメロデス達と同様に、名前が聞かなく時期があったが、ここ近年、メタルファンを喜ばせるアルバムが次々とでている。

昨年の再来日の影響からか、CDの再発も見逃せない。
※最近の日本版はすぐ発売中止になるので!!

AMORPHIS
| BACK TO TOP |

CELTIC FROST セルティックフロスト

フーファイターズデイヴ・グロールのプロジェクト、PROBOTのCDを購入した動機付けは、CELTIC FROST セルティックフロストトーマス・ガブリエル・ウォリアーが参加していていたからに他ならない。彼だけPROBOTのインナーの写真は他と違う色合いが強く。

本当にジャンルに縛られること無い、懐の持ち主。聴いていてあきない。女性ボーカルをフィーチャーしたり、ただひたすらノイズを出すだけであったり、「Dance Macabre」の様に棺桶を引きずる音だけの曲があったりと。

「TO MEGA THERION」アートワークは傑作です。King Crimson「In the Court of the Crimson King」やDEICIDE「Once Upon the Cross」と肩を並べます。

To Mega Therion
CELTIC FROST:TO MEGA THERION

宮殿
KING CRIMSON:IN THE COURT OF THE CRIMSON KING

Once Upon the Cross
DEICIDE:ONCE UPON THE CROSS

CELTIC FROST
| BACK TO TOP |

FRIPP & ENO フリップ&イーノ

スターになる事に興味が無いスター、キングクリムゾンロバート・フリップと、ビジュアル系の古典に数えられるロキシーミュージックブライアン・イーノのコラボ。リアルタイムでその当時の状況はわからないが、ロバート・フリップブライアン・イーノがCDを出した事は、世間を騒がせたに違いない。今でこそ、ブライアン・イーノの音楽を聴けば納得できるけれど、化粧バリバリでロキシーミュージックで。だけど、ファーストの「No Pussyfooting」を聴けば、あぁ、環境音楽。あぁ、クリムゾン。納得の出来。

それから、いろいろと別の方面で両雄とも大活躍なんですけれども、マイクロソフトのOS、Windowsの起動音をブライアン・イーノが作曲したり、ロバート・フリップがWindows Vistaの起動音を作曲したりとつながりがあると言えば両雄にはある。

ROBERT FRIPP
BRIAN ENO
| BACK TO TOP |

FEAR FACTORY フィアファクトリー

FEAR FACTORY フィアファクトリーのCDは結構持っているし、初来日にも行った。そこであえて言わせて頂くと、結局、何をしたかったのか、わからないバンドでした。

FEAR FACTORYのジャンル・カテゴリーを表すとしたら、ケラング的に言えば、デジロックって感じなのかな。インダストリアルテクノヘヴィーメタルデスメタル。FEAR FACTORYがデビューした当時は勿論インターネットなど無く、入ってくる情報は極僅かだった時代、なんか恐ろしい、恐怖を感じるバンドだった。感覚的に、なんとなく。

リミックスアルバムを出したり、ギーザー・バトラーのソロアルバムに、バートン・C・ベルとディーノ・カザレスが参加したり。徐々にではあるが、日本でも知名度が上がってきた。

アルバム「OBSOLETE」で人気爆発。このアルバムは紛れも無くへヴィーメタル。メロディアス・様式美。だけど、ボーナストラックは、GARY NUMANの「CARS」をカバー。このアンバランスが涙を誘う。(その時のFEAR FACTORYのWEBページでのトップは、メンバーとGARY NUMANが一緒に並んでいる写真が使われていて、GOODだった)もう、この頃には初期に感じたデスメタルの匂いは一掃された。

その後、アルバム「OBSOLETE」を引っ提げ、初来日。オープニングアクトは、MAD CAPSULE MARKETSでした。MAD CAPSULE MARKETSに完全に食われていた。FEAR FACTORYのステージが始まる頃には、込み合っていたフロアは、そうでもなくなっていた。MAD CAPSULE MARKETSのファンからすれば、FEAR FACTORYは結局メタルなんでしょう。FEAR FACTORYのステージが始まる前、Queensrÿcheの「Operation: Mindcrime」からの曲が流れる。もう、メタル。

で、アルバム「DIGIMORTAL」で内部分裂。 「OBSOLETE」でやった、メタルを「DIGIMORTAL」でもやればよかったのに。ファンが求めていたのはそれなんだから。

ところで、ハードコアバンドBRUJERIAはどうなったのか。覆面バンド、メキシコ出身、死体を使ったアートワークという設定もわけがわからない。何をしたかったのか、わからない。

FEAR FACTORY
| BACK TO TOP |

SHINEDOWN シャインダウン

今年、2008年10月に日本デビューを果したUSのバンド・SHINEDOWN シャインダウン。3枚目の「Sound Of Madness」の1曲目アニソンみたいで非常にキャッチーです。2000年代の流行として、楽曲はヘビーだが、歌メロは非常にメロディアス、だけどギターソロが無い。HOOBASTANKDISTURBEDの様に。SHINEDOWNも言うなればその一味なのか。

2010年代も、この傾向がハードロック/へヴィーメタルの主流になるのかな。もしくは、元LAメタル勢、Mötley Crüe、Guns N' Rosesの様な楽曲が、またまたまた、主流になるのだろうか。よくわからんが。

ところで、インダストリアルが元気が無いなぁ。

SHINEDOWN

| BACK TO TOP |

THE TEA PARTY ティーパーティー

グランジオルタナティブ終焉の頃、突如現れたスリーピースバンド。NINE INCH NAILSの「HURT」をカバーしています。音楽的にもそれに近い感じ。切ないメロディー。しかも、ただそれだけではなく、イスラム葬儀の音楽を大胆に取り入れたり、非欧米の匂いがするバンドでした。表舞台に出た時期が悪かったのか。グランジオルタナティブのブームに乗ってれば、もっと売れた気がする。2005年に解散。合わせて、とても残念。

日本では情報がほとんど無いです。日本では無かった事になっているのか。残念でなりません。いいバンドだったのに…。

THE TEA PARTY
| BACK TO TOP |

Guns N' Roses ガンズアンドローゼズ

ガンズのニューアルバム「Chinese Democracy」が2008年11月23日に発売が決定致しました。ダブル・アクセル・ローズが決定を下したのは、この日でした。とっくの昔に完成していたアルバムの発売日を決める要因としては、

1.グランジオルタナティヴインダストリアルが終焉していること
2.LAメタルのブームが再来していること
3.映画とのタイアップ

上記の件だったら、アーノルド・シュワルツェネッガーの1999年の映画「End of Days」とのタイアップ時がグッドだったはず。わからんが。
結局のところ、今流行の不景気でレコード会社がこれ以上待てなくなり、突如発売が決定したのでは。発売日決定があまりにも唐突すぎた。
しかし、ダブル・アクセル・ローズは「Chinese Democracy」でヘタうてません。このアルバムがコケたら、今後のシナリオは、オリジナルメンバーでのガンズアンドローゼズ再結成となるでしょう。まぁ、ダブル・アクセル・ローズがメンバーに頭下げればすむ事だけどね。やりたくないだろう。

「Chinese Democracy」が発売される事によって、ハードロックシーンが変化する事もないだろう。過去のアルバムの発売を見ればわかる。そもそも、そういうバンドじゃないし。ダブル・アクセル・ローズは音楽以外の事、カート・コバーンにケンカ売ったり、ボクサーにケンカ売ったり、ライブの途中で帰るだの、音楽以外の場所で注目を浴びていたから。セックス・ピストルズの様に。ただ、普段、ハードロックを聴かない人たちが聴く様になると思う。

買うかと聞かれれば、買わないだろう。当初の予定通り、トレント・レズナーがプロデュースしていたなら購入すると思う。

Guns N' Roses
| BACK TO TOP |

BOLT THROWER ボルトスロワー

デスメタル黎明期に必ずといっていいほど目の当たりにするバンドだった。しかし、本当にデスメタルにカテゴライズされるかどうかは。スラッシュ的でもある。冷戦真っ只中からか、やたらと歌詞にwarの文字が。80年代、90年代実際世界では戦争は絶えなかった。冷戦にもかかわらず。まぁ、英国は主戦場にならなかったから。

デスメタルの古典的扱いをされて早数十年。今時の子がボルトスロワーを聴いてどう思うか。

音楽的には嫌いじゃないよ。

BOLT THROWER
| BACK TO TOP |

EMPEROR エンペラー

反キリスト教集団「インナーサークル」のブラックメタルバンド。ノルウェーを含め北欧一体は、以前から原始宗教が根付いていて、その後、キリスト教が入ってきた経緯があり、反キリスト教集団が出現した経緯は分からないでもない。んで、教会燃やしたり。その詳細は他のページの方が詳しいと思うので。私は、日本のブラックメタルバンド「SIGH」のメンバーが作ったWEBページを見てその当時の詳細がわかり(今、そのページが存在するのかわからないが)。その当時、現地にいた人ではないとわからない出来事が詳細に記載されておりました。

しかし、英国での人気はすさまじい限りです、日本と比べ(謎)。ケラングの影響でしょうか?しかし、ケラングでのブラックメタルの取り上げ方は尋常ではないです。

北欧出身からでしょうか、やはり、メロディーが感じられます。THRIONの様に映画音楽みたいです。壮大です。だけど、デス声

EMPEROR
| BACK TO TOP |

MY DYING BRIDE マイ・ダイング・ブライド

イギリスドゥームゴシックメタルバンド。ゴシックといっても結局はニューウェーブの流れから来ているから、「THE SISTERS OF MERCY」が好きな方は、好むかもしれない。グランジだって、結局はパンクだし。

静と動。その割合、9対1。よって、10分くらいの曲はほとんどが無声に近い。ラジオではかからないだろうなぁ。本人達もその事は百も承知でやっていると思うが。

そういえば、昔、某雑誌で、「バイオリンが盗まれた、返して欲しい」と外国で起こった事を、日本の雑誌で言っていたが、戻ったのだろうか?

MY DYING BRIDE
| BACK TO TOP |

SENTENCED センテンスト

フィンランド人は、テレビを見るか、SEXするか、自殺するか。それぐらいしかする事が無い。だから、自殺についての歌を歌うことにした」
たぶん、そんな様な名言を残して解散してしまったバンド。来日もせずに。
アルバム「AMOK」までは完全にメロデスだったが、それ以降は、普遍的なロックへと移行した。音楽的に変更すると、人気が落ちるのが代の常だが、このバンドに関してはそれが無かった稀有なやつらたち。

もっと日本で人気がでるかと思ったが…。実際、人気あったと思います。フィンランドでやった、ラストライブを見ると観客に日本人らしき人々がいたから。多分、日本人。

日本の発売元、ビクターが悪いとは思わないが。トイズ・ファクトリーが出していれば、良いにしろ悪いにしろ状況は変わっていたはず。ざんねん。

SENTENCED
| BACK TO TOP |

MORBID ANGEL モービッドエンジェル

「COVENANT」のライナーに悪魔崇拝の団体に入っている、その筋の人ではないと本当の事を話さない、うんぬん、記載されたのを見るに付け、トレイ・アザトースはホンモノだと思ったけれど、初来日の時、なんかの雑誌のインタビューでペラペラと紙面を飾っていたのには驚いたもんだ。お前らに何がわかる?
トレイ・アザトース自身そんな感じにもみれた。

演奏については相当技術が必要なのではと、素人ながらに思うほど。まるで、重戦車が突進してくるかの様な迫力で。やはり、ドラムピート・サンドヴァルで。
高度な演奏、哲学的な歌詞。すばらしい。


MORBID ANGEL
| BACK TO TOP |

CYNIC シニック

「フォーカス」でブレイクした、フロリダの技巧派デスメタルバンド。
日本でも発売当時はちょっとした話題になりました。「プログレ meets デスメタル」の様に燃え上がり。

ただ、発売年が悪かったのか。1993年に発売で、同年はCARCASSHEARTWORK」の発売年でもあった。当時、話題はソッチに持っていかれた観があった。
NIRVANAの「IN UTERO」も1993年だけど、 CARCASSと重なっては…。

いまでこそ、技巧派のデスメタルバンドは多々いますが、その当時は、デスメタル黎明期においては、珍しい存在でありました。

CYNIC
| BACK TO TOP |

EDGE OF SANITY エッジオブサニティー

北欧はスウェーデン出身のバンド。
カテゴリ的には、いわゆるメロデスに入るのかどうか。聴く人によってこの判断は異なると思うし。正統派デスメタル(?)にカテゴライズするべきだと思う人もいるかもしれない。

そもそもカテゴライズすること自体間違いなのか、その意見はおいて置いて。

でも、90年代前半に北欧メロデス・ブームにより日本に上陸したバンドであります。たぶん。

EDGE OF SANITYの最大の売りは、DAN SWANO ダン・スノォが在籍していた事だと思う。
彼は何をしたかというと、90年代日本ミュージックシーンにおいての小室哲哉、つまりプロデュースブームを北欧で、メロデスで巻き起こした。

その当時の北欧デス・メロデスのCDを漁ると、DAN SWANO ダン・スノォの名前があちらこちらに…。

EDGE OF SANITY
| BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

lisaloeb

Author:lisaloeb
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

コールドプレイ シンフォニック コーイチ・フクダ 中村勇吾  ロードランナー へヴィーメタル館 オリジナル メキシコ キャラクター マストドン クリプトプシー マイ・ケミカル・ロマンス ジュリーwithザ・ワイルドワンズ ボン・スコット レ・キャルソン・ブーシェ ベルリン WAO! トレヴァー・ホーン 阿部義晴 東京湾 リー・ドリアン ダウンロード サルコファグス ジョニー・キャッシュ キグルミ ニルヴァーナ2002 ミニストリー 始業式 エボニーティアーズ ザ・ニュー・マスターサウンズ ダグ・ロブ サヴェージ・ガーデン 葬儀屋 クイーン ゲーム ベテラン ジョン・ブッシュ 個人輸入 大迷惑 ニューオーダー キッス デッドエンド ポール・モーリア ノイバウテン 韓国 インゴ・シュヴィヒテンバーグ トー カレーライス ジェフ・ウォーカ ほっかほっか亭 サマーソニック グレン・ダンジグ 村上春樹 Burn ストーナ デボラ・ハリー ヒーロー カルチャー ゴス アイアンメイデン 野宮真貴 カニバルコープス パズ・レンチャンチン 紅白歌合戦 ケリー・キング ピーター・スティール カウント・グリシュナック ガンズアンドローゼス タイマーズ 五感 仲間割れ ドラッド オールナイトニッポン マーク・リール N.W.O. テレ朝 アメリカ人 マーク・ロマネック サウンドボイス ミクスチャー シャドウ アクシス ジョナサン・デイヴィス サイキックTV ブラックウィドウ ミュージック エスプレンドー・ジオメトリコ アイアンモンキー ニューアルバム グーグル アウトレイジ ジオグラフィック ポール・レイヴン SPK ハイトーン HIDE ミスフィッツ セゾン SOD 飛んでイスタンブール アングラ モノラル 反骨精神 ロンドン・エレクトリシティ ザ・ギャザリング トルコ デス 女子高生コンクリート詰め殺人事件 バイティング・タンズ ザ・マッド・カプセル・マーケッツ ローランド・グラポウ ビザールアップロア Y&T ガラパゴス化 新型ウイルス 飛距離 トゥール ジーン・ホグラン トリプティコン スタティック-X フリーク・オブ・ネイチャー クレイドル・オブ・フィルス ビッグスクーター ストラッピング・ヤング・ラッド マイケル・アモット ペインキラー ウォルデマー・ソリクタ アット・ザ・ゲイツ ムーミン スティーヴ・ハリス クローフィンガー グロリア ミュージックビデオ ジョーイ・テンペスト ラブレターのかわりにこの詩を。 スコーピオンズ ズワン スピリチュアルベガーズ アントン・コービン ミック・マーズ メデスキ・マーチン・アンド・ウッド ミュージックステーション メルツバウ ウェイン・スタティック シアトル モダン サックス ラ・ラ・ラ・ヒューマン・ステップス 街路樹 ジム・サールウェル ロンドンエレクトリシティ 総合芸術 土星 カタコンベ フレンチ ティム・クリステンセン 邦題 年齢不詳 ニッポン親不孝物語 斜陽 ブリティッシュヘヴィロック モダンヘビネス お笑い オーストラリア 御茶ノ水 町田康 アイシテル-海容- 上半身裸 ドロップキック ダムタイプ ドリームシアター ブルックリン バラス・ヒュー・バンド 高鍋千年 木村拓哉 サーストン・ムーア フィル・ライノット ジェフ・ハンネマン ブレイク バケットヘッド ユリイカ ゼロコーポレーション 都会 キャンディーズ オンワード樫山 ダフト・パンク 高橋 カレブ・フォロウィル 長髪 ブラインドガーディアン 浅草国際劇場 ニヒリスト ゲイ 水戸華之介 インフェクシャス・グルーヴズ 大英帝国 外資系レコード会社 CARS チャック・シュルディナー 日比谷野外音楽堂 ダンス コマンド 恐怖 ブルース・ディッキンソン ヂルチ トレバー・ブラウン マテリアル 聞き手 ゴブリン 藤田勉 対自核 デイブ・ロンバード ポップス BOØWY ジェリー・ベスト ヴィレ・レイヒアラ 中島みゆき 解散 アレア アート・オブ・ノイズ ベイダー ジェネシス・P・オリッジ 高田馬場 ロニー・ジェイムス・ディオ 民族音楽 トラヴィス フィル・アンセルモ 布袋寅泰 クスリ バブル 松本隆 B級 ピーター“ピーヴィー”ワグナー プロ野球 変態 ヴェノム 実験音楽 ゴアグラインド ハウス ジェイムス・チャンス フィオナ・アップル ヴァンヘイレン 字幕 フェイス・ノー・モア 新木場 オノデン ヤホワ13 ファーストシングル AC/DC サシャ フジテレビ マーク・リアリ PV ヒロイン PIG メアリービーツジェーン ライヴエイド ロブ・フリン マルフォームド・アースボーン レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン ネクター マイケル・ヴァイカート 庄野真代 オルガン ナッシュビル・プッシー ジェイソニック 自然 悪魔 PJハーヴェイ 腐女子 アヴァンギャルド インパクト パーソンズ スキニーパピー モダンヘヴィネス 橋本直樹 ボリス レイモンド・ワッツ 首相 変人 ゲイリー・ムーア 報道 フィータス フレディ・マーキュリー追悼コンサート プレイガール アート 経済破綻 海外 二十歳の原点 洋楽 アイヘイトゴッド ジュリアンヌ・リーガン ベース スコット・バーンズ シンブリード 裏番 ヴァン・ヘイレン デスオルガン 悪女 廃盤 オズフェスト ウィリアム・デュヴァール デヴィッド・カーソン レッドホットチリペッパーズ ニンギジーダ ロッキングオンジャパン デイヴィッド・リー・ロス ファッジトンネル シンボル 808ステイト J-wave 死体防腐処理 今日のホームラン 嶋本斎子 新品 スーパーマーケット RCサクセション エディ・ヴァン・ヘイレン フィントロール コリー・ヤーキン 忌野清志郎 アヴリル・ラヴィーン スノーマン 中途半端 バラエティ番組 ダンジグ ブラックフラッグ ニューロシス FUNK メルトバナナ ヴァレンシア ジャンル 石野卓球 リヴ・ムーン 池田亮司 ウイングス サッカー 未DVD化 カタメニア ビジュアル 同性愛者 エヌ・エシュ うろ覚え アダム・ジョーンズ 京都大学西部講堂 ツアー アメリカ原住民 イタリア アレックス・ニューポート アンディ・デリス センス デザインプレックス 宮崎勤 パクリ ヘビーメタル ハイ・オン・ファイア おっぱい ストップ・メイキング・センス ワールドワイド ダム・ヤンキース ディズニーランド・アフター・ダーク  ママハハ・ブギ スペイン アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン ゲイリー・ニューマン 穴奴隷 ジェラルド・ウェイ ラーズ・ウルリッヒ マーダック スロッビング・グリッスル モダンへヴィネス シャウト・アット・ザ・デビル ザ・キュアー カヴァーデイル・ペイジ トライアンフ 夜のヒットスタジオ アジア 映画 ヨーテボリ 人脈 マーズヴォルタ 上野耕路 クリス・カニンガム メイナード・ジェームス・キーナン デイクルツプス エーシーディーシー ロッキングオン テクニック ガイア 星羅 ディスチャージ アップビート 右翼 血液 アンガス・ヤング キングス・オブ・レオン ダウンロードの違法化 クリード クロノス ネガティヴ スイサイダル・テンデンシーズ ビル・スティアー フロ・モーニエ スリープ ドラマー ドラマ エリック・バーク フランス語 レコード屋 ラップ マーク・ロマネク ブルータルトゥルース エーエーイコール ドアーズ マンチェスター・ファンク ハノイロックス ジム・モリスン EARTHBOUND キャッチコピー シンフォニーX カーディガンズ ヘヴンアンドヘル Dropp ナース・ウィズ・ウーンド ディー・クルップス チンコ キャリア アダルトビデオ バイオレット・ユーケー ケヴィン・ムーア ジェイムス・チャンス・アンド・コントーションズ メロディックデスメタル アンダーワールド リアルタイム フォロワー フジロック ジョージ・マイケル 宗教 J-POP ブルーチアー プライマス AV 戸川純 ケベック アクセプト 川西幸一 テイチク お茶の水 google アル・ジュールゲンセン マイク・オールドフィールド トニー・マーティン WEBデザイン ボウイ ストーン・テンプル・パイロッツ 次長 天皇陛下 コール・チェンバー ローガン・メイダー トム・ヨーク レミー・キルミスター Belus Hi-ReS! リスナー 永遠のパズル ロイクソップ ミュージックライフ ポーランド ジャケット テープワーム ブレント・マッカーシー コマーシャル スティーヴ・アルビニ ペシミスト CORRUPTED 富士山 大統領 シェイディ・グリンプス アドワーズ ピアノ ガンズ・アンド・ローゼズ ポルカ J・マスシス 睡蓮 スリーピース ビートルズ ツーバス シニシスト ポイズンブラック ジョナサン・ディヴィス 特価 がなり エイプリルワイン スマッシング・パンプキンズ ヘンリー・ロリンズ AA= つまみ食い ピンククリーム69 パフォーマンス ミック・ハリス レイ・ギラン 広石武彦 グリップインク カルトバンド マイク・ボーディン デコ 世知辛い トラッド タトゥー ロリンズバンド 原爆オナニーズ ゲルニカ 日テレ レイヴン コスモス ボーカリスト オールフラッシュサイト ジェイムズ・ヘットフィールド ファースト 宝塚歌劇団 ジェーンズ・アディクション 放送禁止用語 タマホーム BURRN! プログラマ ベン・フォールズ・ファイヴ ハートワーク 裸の女性 中古レコード屋 堀内一史 ゲイリー・シェロン ブートレグ KYONO リッチ・ホーク キャプテントリップレコーズ KORN ラーズ デヴィッド・カヴァーディル バンド 千年COMETS マイクスタンド 吉田拓郎 ダン・リルカ ジル・ヴィダル オーヴァーキル 人間解体 エイドリアン・スミス 演劇 ハルメンズ 田中好子 ホワイトハウス ギャラガー兄弟 レイブン ワケあり 高野悦子 マーク・トランプ ユニコーン ゴアフェスト FM東京 ソニックユース 人生 焼き直し パルコ ピクシーズ インターネット 藤村美樹 伊藤蘭 渋谷 イージーリスニング 山口冨士夫 マイケル・シェンカー プロデュース 総本山 YOSHIKI 金持ち ジミー・ペイジ 電通 芸能人 マイケル・キスク 薔薇 熟女 オールアバウトイヴ JILL 天才 夜ヒット スキンヘッド 黒柳徹子 カナダ チルドレン・オブ・ボドム NHK サマソニ サイレニア 佐伯健三 ストーナー 生贄 ロバート・トゥルージロ ヒール 日本人 アーマードセイント メロディー ロックオペラ サイドギター 歌謡曲 ディ・クルップス クラス 1989年 神聖かまってちゃん エラスティカ アナスタシア ブレイズ・ベイリー ビーモダン チェコ  エピカ 鴻上尚史 ハナタラシ ヴォイヴォド リンキンパーク デフレッシュド 藤井麻輝 ザ・ストーン・ローゼズ ガルダー ディオ プログレッシヴ テロリスト フラッシュダンス ビリー・シーン クラフトワーク アナセマ #1 ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン オーペス 行進曲 サイキックTV ライオット ビデオ SEO ヨーロッパ 源流 ジャミロクワイ 連想 パラダイスロスト 中野サンプラザ ヘビメタ ジャズ ベン・カルヴァート ジョン・ノーラム のりピー ラビリンス レーベル 衛詩 リフ 銀座 YMO カイリー・ミノーグ 氷室京介 マグナム 手島いさむ 表舞台 プロ野球ニュース サフォケイション エイミー・リー メランコリック 日比谷野音 古舘伊知郎 カスタマーレビュー 親友 2ch デイヴ・メニケッティ ベーシスト ゴッドフレッシュ 一発屋 サラリー ジョニー・マー マッシヴアタック ノイ! THUNDERSTEEL ハンバーグ スティーヴ・ヴァイ 神経衰弱 ヴァイパー オリアンティ オールドマンズチャイルド モンスターマグネット プーチン首相 課長 ソフトセル インダストリアルメタル ダイエー 吉祥寺 ロシア ピーター・オーティ オランダ ナグルファー レッチリ ブルーマンデー ヴァーグ・ヴィカネス DEAD バウハウス アメリカ 石橋凌 アルバムタイトル 細野晴臣 サスペリア2 アンジー ディストーション 独裁政治 筒美京平 ミーカ・テンクラ ベクトル カメレオン 公文 ジューダス・プリースト ニッキー・シックス リチュアルカーネッジ ゲイツ・オブ・イシュター トム・アラヤ 脱糞 トリヴィアム イエスタデイ&トゥデイ 億万長者 DOC クール ふざけんなよ ウィキペディア 英語 ナイル メコンデルタ ウリ・ジョン・ロート ウィリアム・バロウズ ダイナソーJr. CD マディソン・スクエア・ガーデン シクス ヒルマ・ニコライセン 矢沢永吉 汐留PIT ニューウェイヴ ポゼスト ハロー・セイフライド ミザリー・ラヴズ・カンパニー 歌メロ ジミ・ヘンドリックス アタマ エイドリアン・ブリュー タネリ・ヤルヴァ コンセプション 電気グルーヴ ソ・テジ 越中詩郎 人事 橘いずみ カンニバルコープス デス声 シアター・オブ・トラジティー 影響 ブリティッシュ 化粧品 エクソシスト 西海岸 レイジ 音楽 菅野よう子 ARB 伊藤正則 マキシマム・ザ・ホルモン コラプテッド カーディアント 夢魔 ア・パーフェクト・サークル ボズ・バレル 格闘技 ペル・ヴィバリ レニー・クラヴィッツ スレイヤー 石原智広 流行 絨毯  タイトル ホワイトスネイク 異常 泉水敏郎 ジェイ・ケイ ホルモンズ ユーライア・ヒープ 村下孝蔵 ピエール瀧 イエテボリ 虐待 太陽の破片 ハンマーフォール アートル スキニー・パピー ダメージ フリージャズ ザ・スミス 詩篇69 ヘッドスイム ディル・アン・グレイ TOMATO ディスゴージ リメイン・イン・ライト ビヨンセ 奥田民生 アイアン・セイヴィアー ジョナサン・グレイザー シックス・フィート・アンダー 尾崎豊 デヴィッド・カヴァデール アイドル ニューウェーヴ トップガン ポルトガル NWOBHM リバイバル GOREFEST ワイ・アンド・ティー 爆音 現役 夢・恋・人 ホーンテッド 渡邉貢 オンスロート ブッシュ エマーソン・レイク・アンド・パーマー ギックリ腰 スーパーフライ 農業 宇川直宏 youtube 悪口 不況 ジェイソン・ニューステッド 問題作 現代思想 1050年地下行き ポール・マッカートニー イ・プー デヴィッド・フィンチャー ダイムバッグ・ダレル ハリウッド 飴屋法水 ミッシェルガンエレファント チルアウト ストリート・スライダーズ EP7 ジャスティン・ブロードリック ロニー・ジェイムズ・ディオ マイス ドタキャン 紆余曲折 リチャード・パトリック アニメ 神月茜 フリートウッド・マック 牧場 オールドスクール 音楽愛好家 三宅伸治 ポピュラー セレナ・マニッシュ 後継者 ジャニス ヌンチャク ガス・チャンバース イエス 裸のラリーズ 北朝鮮 HMV 中古 ファミレス ロス・ロビンソン 発射 ジェームズ・ヘットフィールド 彩の国さいたま芸術劇場 ロラパルーザ クーラ・シェイカー プラクシス 再評価 80年代 ホリエモン モリッシー ポール・ディアノ 再結成 再認識 レッド・ウォーリアーズ リチャード・D・ジェームス オビチュアリー ジュンスカイウォーカーズ テレビドラマ 山野楽器 ニュージャージー ドッグ・イート・ドッグ モーターヘッド ロビン・フィンク マリリンマンソン マーカス・グロスコフ ファーストアルバム 沢田研二 パトリック・ジェンセン バックマン・ターナー・オーバードライブ アイアン・メイデン ジギー 宝島 即興 フーバスタンク 眉毛 メンヘル バイラル広告 イエロー・マジック・オーケストラ 検索エンジン最適化 ポップ タトゥ ビル・ラズウェル マッテ・モーディン ユーチューブ 夏休み ジャケ買い サクセス 酷評 中国 フィルター 808State adwords 本田毅 天坂晃英 ボヘミアン・ラプソディー MR.BRAIN ジェロ・ビアフラ ザ・ベストテン アネクドテン ポジパン ビリー・コーガン SARALEE 時代 エックスジャパン セルティック・フロスト 音痴 ザ・スターリン タイプ・オー・ネガティヴ インタビュー KMFDM エクストリーム 比賀江隆男 ドン・キホーテ ジェイク・E・リー 。ブラックメタル 遠藤ミチロウ ラード マイケル・センベロ サード・アイ・ブラインド トリップ ストームトルーパーオブデス カーブドッグ アベフトシ 椎名林檎 キャンセル カナディアンマン ダウンタウン ジャーマンロック フランス 江川卓 ウリ・カッシュ 地理 オーケストラ モトリークルー グレッグ・レイク デンマーク お姉さん ダイナソーJR. プリティメイズ アマゾン メシュガー 悩み ディムボガー 動画 スピード キリスト教 演奏 バスタード・ノイズ 日本語 ダニ・フィルス ガメる amazon ビッグブラック ソフト・オン・デマンド 上田剛士 オレンジゴブリン Jポップ ロバート・スミス レイン・ステイリー デヴィン・タウンゼンド オウテカ ターヤ・トゥルネン ウド・ダークシュナイダー ロバート・フィリップ MTV 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

その他

フィードメーター - 音楽

あわせて読みたいブログパーツ


にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ ブログランキング・にほんブログ村へ