スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

CARCASS カーカス

1996年はメタル界に、ある意味緊張が走った。METALLICA メタリカの「LOAD」と、PANTERA パンテラの「THE GREAT SOUTHERN TRENDKILL」と、CARCASS カーカスの「SWANSONG」、その各々のアルバムがほぼ同じ日に発売された。
METALLICA メタリカとPANTERA パンテラが同じ発売日で、CARCASS カーカスが2、3日後だったと記憶しています。
なぜ、上記のバンドがほぼ同じ発売日になったのか。何かしらの大人の事情があったのだろうか。5年ぶりニューアルバムで、メタルからロックに移行したと噂されたMETALLICA メタリカに対し、その返答としてPANTERA パンテラが「THE GREAT SOUTHERN TRENDKILL」をぶつけてきたのか?でも、「THE GREAT SOUTHERN TRENDKILL」はメタルというより、ハードコアに近かった。そんな意味でPANTERA パンテラのアルバムタイトルに苦笑した。
で、CARCASS カーカスの「SWANSONG」ですが待たされましたね。「Heartwork」の後、出る出るってアナウンスがされましたが、なかなか発売されなかった。雑誌の広告でも新発売の項目の所に、CARCASS カーカスは出ていましたが、タイトル・発売日未定!と威張る様にソニーは書いていた。そう、実際、「SWANSONG」はソニーから出るはずだったけれど、結局、トイズファクトリーから発売された。日本はね。
ソニーにずっと干されていた訳だ。
そんな訳で、CARCASS カーカスはレコード会社を変更して発売に至った訳だけど、ソニーに対する怒りはそう簡単に収まらず、アメリカ版の「レコード」のジャケットに"FUCK SONY"と記載されていると聞いている。実際、実物見たこと無いから嘘かホントかわからんが、ホントだとしたら、見てみたい物だ。
CARCASS カーカスのビデオ「WAKE UP AND SMELL THE CARCASS」のライナーの中で、「CARCASS カーカスの全アルバムは音楽内容は違えど、同じ匂いがする」と行川氏(だったかな)が書いていたが、まさにその通りで、ファーストもセカンドも「Heartwork」もRot 'N' Rollもラストアルバムもグラインドコアとか、メロデスとか、デスメタルとかじゃなく、CARCASS カーカスというジャンル・音楽なのだ。

CARCASS カーカスについては書き足りないが、今日の所はこの辺で、
スポンサーサイト
| BACK TO TOP |

STRATOVARIUS ストラトヴァリウス

途中から、STRATOVARIUS ストラトヴァリウスの歌詞が宗教的というか、そんな感じになってきたので聴かなくなった。だから、脱退騒動なんて知らなかった。昔、某雑誌のレビューでゴタゴタがあって、それをリアルタイムで目撃したけど、M田氏のやっつけ的なレビューは、とりたてSTRATOVARIUS ストラトヴァリウスのファンって事はないけれど、不快感を覚えた。

STRATOVARIUS ストラトヴァリウスは、美味い、下手は別にして、ボーカルティモ・コティペルトが頑張ってる印象がして良かった。ドラムヨルグ・マイケルは凄いという印象。それが、私のSTRATOVARIUS ストラトヴァリウスの印象。ギターキーボードも凄い人がいますが。

| BACK TO TOP |

TWO トゥー

TWO トゥーは過去一枚だけCDを出しています。
ボーカルは、JUDAS PRIEST ジューダスプリーストロブ・ハルフォード
プロデューサーはNINE INCH NAILS ナインインチネイルズトレント・レズナー

アルバム「Voyeurs」は歴史的作品です。

よく、ロブ・ハルフォードトレント・レズナーに声をかけたものだ。
よく、トレント・レズナーは、その仕事を引き受けた物だ。

メタルジューダスプリーストのファン視点と、インダストリアルナインインチネイルズファン視点では、アルバム「Voyeurs」の評価が分かれて面白い。なぜか一方をメタメタに悪口を言う。

「なんで、古典芸能へヴィーメタルのボーカリストの仕事なんか引き受けたのか。メタルゴッドってなんだ。」
「なんで、”今流行り”の楽器も弾けなさそうな、ウチコミ的な事やってる奴にプロデュースを頼んだのか。」
とか、なんとか。

私の主観ではアルバム「Voyeurs」は最高です。

その当時ではトレント・レズナーは時の人ですから、いくら、キャリアがあるとはいえ下降気味だったロブ・ハルフォードとの仕事の仕方が非常に気になる。

おそらく、TWO トゥーの復活は無いと思う。だからこそ、アルバム「Voyeurs」は将来的に評価が高まる作品だと思います。ロブ・ハルフォードトレント・レズナーだぜ。今だって、このタッグはありえないし、将来的にもムリでしょ。その当時、たまたま出来たゴールデンタッグだと思う。

TWO トゥーのアルバム「Voyeurs」のCDは将来、高値が付くと思うよ(謎)
| BACK TO TOP |

VISION OF DISORDER ヴィジョンオブディスオーダー

VISION OF DISORDER ヴィジョンオブディスオーダーは傑作「Imprint」しか聴いた事ないのですが、第一印象はPANTERA パンテラかと思った。PANTERA パンテラの様にかっこよい。

私は基本的にインダストリアル的なものを好んで聴いておりますが、このVISION OF DISORDER ヴィジョンオブディスオーダーはそれとは逆の野性味あふれるハードコア。人工的な音なんてぶっ壊すほど肉体的な音の嵐。昨今アメリカで流行しているヘヴィーロックとは一味違う。

好きですね、こういうの。
| BACK TO TOP |

TO DIE FOR トゥ/ダイ/フォー

The Sisters of Mercy シスターズオブマーシーなんかと比べると、TO DIE FOR トゥ/ダイ/フォーは本当にゴシックなのと思ってしまう。TO DIE FOR トゥ/ダイ/フォーの方が明るく・元気に、普遍的なロックンロールをしている気がしてならない。カリスマ的な部分も感じられないし。何故、ゴシックって呼ばれるかすらわからない。普通のロックでいいじゃん。

amazon.co.jpでSENTENCED センテンストと比べている人がいましたが、なんか違うんじゃないか。どちらかというと、80年代のLAメタルに近いというか。様式美ロックンロールって感じが致しました。

もちろん、主観でございますが。
| BACK TO TOP |

MORGOTH モーゴス

MORGOTH モーゴスアルバムを最初に購入した「Feel Sorry for the Fanatic」だった。予備知識としてMORGOTH モーゴスデスメタルと認識していましたが、アルバム「Feel Sorry for the Fanatic」を聴いてアルバムタイトルの意味する所が理解できた。あぁ、そういうこと。
Killing Joke キリングジョークにそっくり。手数の多いドラム、反復するギターのリフ、そして、ボーカリストのマーク・クレーヴェなんか、ジャズ・コールマンにそっくり。特に叫ぶ所。
完全にインダストリアルですね。

アートワークもなんとなく…。

AA115_.jpg
MORGOTH 「Feel Sorry for the Fanatic」

SL160_AA115_.jpg
KILLING JOKE 「Killing Joke」

因みに、先に発売したのはMORGOTH モーゴスの方。
| BACK TO TOP |

THERION セリオン

THERION セリオンの中で個人的に思い入れがある曲「The Siren of the Woods」です。



確か、この曲アルバムでこの曲だけ歌詞が割愛されていたな。そして、この曲にPVがあるなんて知らなかった。シングルカットされたのはしっていたが。こんなに長いのに。
個人的なのですが、映像は美しいが、思っていた、イメージしていたものとは違った。見なければよかった。
この「The Siren of the Woods」の作曲者はクリストフェル・ユンソンではないんです。だれが作曲したのか。謎に満ちた作品という印象。

アルバム「Theli」、暑い真夏に発売されましたね…。個人的に、いろいろ思う所が…。
| BACK TO TOP |

ELECTRIC WIZARD エレクトリックウィザード

ELECTRIC WIZARD エレクトリックウィザードのアルバム「ELECTRIC WIZARD」のアートワークは、DAVE PATCHETT デイヴ・パチェットが担当。

ELECTRIC WIZARD

Cathedral カテドラルと同じですね。同じなのか?PATCHETT デイヴ・パチェットのWEBページにいけば、もっとすばらしい作品が拝めます。

ELECTRIC WIZARD エレクトリックウィザードドゥームストーナーですが、ノイズ愛好家の方々が聴いても宜しいのではないかと。爆音爆音が炸裂であります。
| BACK TO TOP |

MEGADETH メガデス

アルバム「RUST IN PEACE」に入っている「Tornado Of Souls」の動画です。この頃のデイヴ・ムステインはGuns N' Rosesのダブル・アクセル・ローズよりも危険人物だった。MEGADETH メガデスもこの頃は、The Rolling Stones ローリング・ストーンズミック・ジャガーに褒められたり、小説アメリカン・サイコに登場したりと、メタルが衰退しつつあるなか、良い動きをみせていた。

とにかく、アルバム「RUST IN PEACE」の頃のMEGADETH メガデスはかっこよかった。近寄りがたいというか。それがまた良い!!

| BACK TO TOP |

BURZUM バーズム

BURZUMの読み方、wikiでブルズムとなっていた。バーズムではなかったの?
バンド名の読み方の途中変更はイロイロあるけれど。Queensrÿcheクイーンズライチからクイーンズライクになるし。となるとARCH ENEMYだって、アークエネミーからアーチエネミーに変わるのは時間の問題なの?
誰が悪いのかよくわからんが。調べればもっと出てくるとだろう。バンド表記に関し。
で、BURZUM バーズムは言わずと知れたブラックメタルインナーサークルで大活躍。EMPEROR エンペラーの所でも書いたが詳細は別なところで。
しかし、過去、ケラング紙上でカウント・グリシュナックの獄中インタビューが記載されていたが、これは、ヨーロッパの刑務所がユルいのか、ケラングの権力で押し切ったのか。今でも気になる。
んで、BURZUM バーズムの音楽は激しくない。俺にとってはイージーリスニング。もちろん、アルバムにもよりますが。
| BACK TO TOP |

DEXYS MIDNIGHT RUNNERS デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ

20年以上前になる、このDEXYS MIDNIGHT RUNNERS デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズの代表曲、「Come On Eileen」ですが、さすが名曲として世に通っている事もあり、今聴いても色あせず、古き良きイギリスの匂いを感じさせる。この時代に多感な時を過ごしていたならば、必ずやブリティッシュロックに染まっていたに違いない。
彼らはちっとも変わっておらず、俺達が変わってしまっただけ。いいことなのか、はたして…。

| BACK TO TOP |

DARK TRANQUILLITY ダークトランキュリティ

いわゆる、メロデスでのジャンルでは初期に入るバンドで、日本デビューの際はIN FLAMES インフレイムスと比べられたけれど、如何せん、来日するのがあまりにも遅かった為、ブレイクするには至らなかったと思う。もう少し来日が早ければ…。そして、初来日というイベントがこんなに重要なのかと認識させられた。

アルバム「The Gallery」での、デスメタルアグレッシブ、大胆に取り入れたメロディ、そして、デスボイスに絡み合う女性ボーカルと、今となっては当たり前の事柄をその当時、まざまざと見せ付けられ、ビックリ仰天でした。チャンスを逃したか。IN FLAMES インフレイムスと同時期に来日していれば。それにしてもIN FLAMES インフレイムス初来日クラブチッタ、凄い人でした。
| BACK TO TOP |

MSG マイケルシェンカーグループ

MSG マイケルシェンカーグループのファンでもないけれど、たまに聴きたくなる曲、「Captain Nemo」です。いかにもヘヴィーメタルってなギターソロだから、好きな人は好きだし、嫌いな人は嫌いだろう。本当はUFOの「doctor doctor」が聴きたかったのだが、いいのがなくて…。



マイケルシェンカーも今や奇行でおなじみになってしまったが、なんだろう、真面目な性格が世間とずれてそうなったのか?う~ん、なんか辛い。
| BACK TO TOP |

PRONG プロング

PRONG プロングニューヨークアンダーグラウンドシーンで活躍する。

日本にはそんなに情報源が無いけれど、アメリカの掲示板等では活発に情報が飛び交っている。温度差があります。確かに、PRONG プロングがやっている音楽を考えると、日本で扱うメディアは無いに等しい。何故でしょうか?これは、Unsane アンセインや、HELMET ヘルメットなどなど。同じ様に言える事ではあるが。


| BACK TO TOP |

DISTURBED ディスターブド

DISTURBED ディスターブドについて個人的な事として、アルバム「ビリーヴ」にパソコンで閲覧できる動画があったので、早速、見てみた。「ビリーヴ」のリードトラックプレイヤー」のPVが、そこにはあった。無事、何事もなく、見終わった。問題なく。
問題なのはその先で、その後、パソコントロイの木馬で、ノートン先生が反応しまくり。まぁ、こんなモノだと…。別に…。

渋谷陽一伊藤政則が褒めてたのが印象的。あまりにもメロディアスだが、いいバンドです。
| BACK TO TOP |

PIANA ピアナ

ジャンル的にはエレクトロニカアンビエントPIANA ピアナは海外で活動するミュージシャンです。ツジコノリコもそうだけど、インディーズで活動する方が、変な足かせがなく自由に活動できるのかな。よくわからんが。ただ、CDは手に入りにくい。AMAZONでもほとんどが絶版状態。しょうがないのかな。



この映像は美しい!
誰が撮ったのか、よくわからんが。
| BACK TO TOP |

BLACK SABBATH ブラックサバス

BLACK SABBATH ブラックサバスで好きなアルバムは「Born Again」です。オジー・オズボーンやロニー・ジェイムズ・ディオも素敵だが、イアン・ギランのボーカルも凄いと思う。Deep Purple ディープパープルはよくわからないが。「Born Again」のアートワークも良いです。非難されている発言を聞いた事がありますが、カッコイイと思います。

この当時のメンバーがやる気のなさが、別な方向に向ったのだろうか?これがロックバンドの凄い所で、計算尽くせない、「マジック」を多々生み出す場合もあるから、面白い。
| BACK TO TOP |

ROBERT FRIPP ロバート・フリップ

KING CRIMSON キングクリムゾンの「RED」と「Discipline」の中間的なアルバムとしてROBERT FRIPP ロバート・フリップのソロ・アルバム「Exposure」は歴史的価値のある作品です。ROBERT FRIPP ロバート・フリップが、その時、何を考えていたかがわかる。聴いてみてわかる事は、ブレていないという事。つまり、「Exposure」から、もっと言えば、「Larks' Tongues In Aspic」から、2008年までブレていない。ジョン・ウェットンを引き合いに出すのはどうかと思うが、彼がやった、U.K.やエイジアを考えれば「RED」で終えたのは、間違えではなかったと思う。
まだまだ、言い足りないが、また別な機会で。
| BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

lisaloeb

Author:lisaloeb
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

タトゥー ジル・ヴィダル Y&T オルガン サマソニ プーチン首相 黒柳徹子 ジューダス・プリースト Hi-ReS! 太陽の破片 KORN ウィキペディア ビッグブラック トルコ ロッキングオン ジャーマンロック ヘンリー・ロリンズ 佐伯健三 ナース・ウィズ・ウーンド スーパーフライ チャック・シュルディナー コンセプション 808State 五感 ヴェノム レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン 即興 神月茜 ジャズ シニシスト 矢沢永吉 ロイクソップ 伊藤蘭 ファミレス ダウンタウン 神聖かまってちゃん オビチュアリー ジュンスカイウォーカーズ ジェフ・ウォーカ 変人 レイン・ステイリー 夏休み 穴奴隷 富士山 ボズ・バレル 西海岸 ファーストシングル サイレニア ディズニーランド・アフター・ダーク 再評価 公文 GOREFEST マーク・リアリ アナスタシア フジテレビ スティーヴ・ヴァイ 千年COMETS 夜のヒットスタジオ タネリ・ヤルヴァ AV ジーン・ホグラン ラ・ラ・ラ・ヒューマン・ステップス ダフト・パンク エリック・バーク センス 民族音楽 ペインキラー ドロップキック アップビート モノラル 右翼 ウリ・カッシュ ジェイムス・チャンス・アンド・コントーションズ アメリカ原住民 レコード屋 高田馬場 スキニー・パピー リッチ・ホーク エクソシスト 三宅伸治 アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン ガンズアンドローゼス 課長 特価 街路樹 大統領 ブラックウィドウ ザ・スターリン SPK 影響 ヨーテボリ ニューウェイヴ ハルメンズ ニュージャージー 一発屋 マイケル・キスク 斜陽 J-POP 宇川直宏 バラス・ヒュー・バンド 藤田勉 ジョージ・マイケル ジャケ買い ダン・リルカ ロシア 音楽 ジャンル エクストリーム デス声 ハイトーン ニューオーダー サウンドボイス ビートルズ ブラックフラッグ レーベル オノデン ジョナサン・デイヴィス ブルース・ディッキンソン アート・オブ・ノイズ 宗教 デイクルツプス マイク・オールドフィールド デヴィン・タウンゼンド ニンギジーダ 庄野真代 エイドリアン・ブリュー ビデオ 個人輸入 イエスタデイ&トゥデイ デザインプレックス チンコ 神経衰弱 インフェクシャス・グルーヴズ ベルリン ジュリーwithザ・ワイルドワンズ ベクトル サイドギター 電通 リー・ドリアン 死体防腐処理 サルコファグス ウィリアム・デュヴァール ロックオペラ ヒルマ・ニコライセン 飛距離 ミーカ・テンクラ 大英帝国 橘いずみ マルフォームド・アースボーン スピリチュアルベガーズ トップガン デコ ストームトルーパーオブデス モトリークルー フランス語 カタメニア B級 サックス ポピュラー アメリカ人 星羅 ポール・マッカートニー イージーリスニング 中野サンプラザ 石原智広 地理 フリージャズ Belus キッス ハイ・オン・ファイア ダイムバッグ・ダレル テープワーム クローフィンガー ビッグスクーター ニューウェーヴ アイアンメイデン 中途半端 エヌ・エシュ ハナタラシ 夢魔 ロードランナー トリップ イエロー・マジック・オーケストラ 天才 ボリス アレックス・ニューポート マイス パルコ メシュガー 808ステイト 焼き直し ミック・マーズ ディル・アン・グレイ DOC アジア フーバスタンク BURRN! オレンジゴブリン ホワイトスネイク ホリエモン ゴアグラインド ケヴィン・ムーア アル・ジュールゲンセン プロ野球 ハンバーグ ミュージックビデオ ニューアルバム ドリームシアター ミスフィッツ マーダック ジョニー・キャッシュ ゲルニカ モダン カタコンベ ユーライア・ヒープ フレディ・マーキュリー追悼コンサート マッテ・モーディン 嶋本斎子 サフォケイション キングス・オブ・レオン ハウス ラビリンス 酷評 金持ち 悪魔 スイサイダル・テンデンシーズ  オーヴァーキル ダニ・フィルス プロデュース ブルックリン ロバート・フィリップ ユリイカ ジオグラフィック デイヴ・メニケッティ CORRUPTED 江川卓 ノイ! ふざけんなよ 表舞台 バラエティ番組 オーペス ウィリアム・バロウズ 牧場 WEBデザイン トリヴィアム 上半身裸 マーク・ロマネック FUNK モリッシー カイリー・ミノーグ リバイバル ゲイリー・シェロン アート 次長 農業 マイケル・ヴァイカート アウトレイジ オリアンティ ゲイ 源流 チェコ ジェイク・E・リー ゲイツ・オブ・イシュター #1 ジョン・ブッシュ ヘビメタ ドッグ・イート・ドッグ 邦題 カレーライス メロディー キグルミ 奥田民生 フリーク・オブ・ネイチャー ケベック セレナ・マニッシュ フィントロール エイドリアン・スミス ナグルファー 独裁政治 デヴィッド・カヴァーディル トラッド 演劇 イエス アートル セゾン ストラッピング・ヤング・ラッド AA= コーイチ・フクダ ファッジトンネル ソニックユース イタリア 川西幸一 ロビン・フィンク ロニー・ジェイムズ・ディオ 石野卓球 ベイダー ザ・キュアー カーディガンズ ブルーマンデー 阿部義晴 宮崎勤 ソフトセル メコンデルタ ジョン・ノーラム 反骨精神 世知辛い 渡邉貢 マディソン・スクエア・ガーデン ジョニー・マー ロバート・スミス ジギー ロバート・トゥルージロ スキンヘッド ジャミロクワイ サマーソニック メデスキ・マーチン・アンド・ウッド ロンドンエレクトリシティ アクシス キャリア スペイン バイティング・タンズ 上野耕路 自然 NWOBHM トム・ヨーク 日比谷野音 宝島 ダウンロード シャウト・アット・ザ・デビル ジュリアンヌ・リーガン ツーバス 親友 マイケル・シェンカー イ・プー タイマーズ メルツバウ アイアン・メイデン 広石武彦 ポール・レイヴン ジャニス クイーン リンキンパーク ディ・クルップス キャプテントリップレコーズ モーターヘッド ア・パーフェクト・サークル アベフトシ キャラクター 現役 1050年地下行き ヘッドスイム RCサクセション ブレイズ・ベイリー カナディアンマン ヴァーグ・ヴィカネス オーケストラ スマッシング・パンプキンズ 薔薇 野宮真貴 ミュージックステーション 飴屋法水 2ch 日本語 レッド・ウォーリアーズ ジェームズ・ヘットフィールド ミクスチャー ウリ・ジョン・ロート ディスチャージ ユーチューブ ネクター ブッシュ 布袋寅泰 年齢不詳 コラプテッド ディムボガー プログラマ 伊藤正則 ピアノ 放送禁止用語 ゴアフェスト つまみ食い 現代思想 ティム・クリステンセン オールドスクール 沢田研二 海外 吉祥寺 ギャラガー兄弟 ハートワーク ダイエー 新品 メイナード・ジェームス・キーナン ヘヴンアンドヘル マテリアル ダイナソーJr. デイブ・ロンバード ゴブリン ドタキャン 総合芸術 ビジュアル BOØWY ドアーズ サラリー インゴ・シュヴィヒテンバーグ ズワン カニバルコープス 発射 日比谷野外音楽堂 ウイングス オールアバウトイヴ リチャード・パトリック 遠藤ミチロウ バックマン・ターナー・オーバードライブ ロリンズバンド 日本人 悪口 ブルータルトゥルース amazon KYONO バンド アンガス・ヤング クラフトワーク ビザールアップロア ブレイク フォロワー ジェフ・ハンネマン アントン・コービン ダメージ Dropp アイシテル-海容- ビル・スティアー カヴァーデイル・ペイジ ニヒリスト デス 連想 京都大学西部講堂 ワイ・アンド・ティー エマーソン・レイク・アンド・パーマー ストップ・メイキング・センス ロッキングオンジャパン EARTHBOUND 人間解体 サクセス 演奏 ヒーロー 不況 ママハハ・ブギ 新木場 スリーピース 高野悦子 ヤホワ13 カナダ ヒロイン ヴァンヘイレン 電気グルーヴ ラーズ のりピー カンニバルコープス  ジャケット ストーン・テンプル・パイロッツ 忌野清志郎 テレビドラマ ヴィレ・レイヒアラ オランダ 人脈 女子高生コンクリート詰め殺人事件 ウェイン・スタティック MR.BRAIN カルチャー 鴻上尚史 衛詩 ダンス シンフォニック 汐留PIT 本田毅 人生 クール 大迷惑 タイトル THUNDERSTEEL 紆余曲折 ミュージックライフ 夢・恋・人 ガンズ・アンド・ローゼズ キャンセル リヴ・ムーン EP7 YMO フィオナ・アップル ネガティヴ ラーズ・ウルリッヒ ローランド・グラポウ クーラ・シェイカー HMV メキシコ サシャ ゼロコーポレーション コリー・ヤーキン ビリー・シーン Jポップ テレ朝 FM東京 タイプ・オー・ネガティヴ カーブドッグ 始業式 マグナム 高橋 youtube アンジー カーディアント 裸のラリーズ 悪女 グレッグ・レイク アニメ マーク・リール スピード 浅草国際劇場 水戸華之介 アイアンモンキー エディ・ヴァン・ヘイレン 藤村美樹 レイモンド・ワッツ コマーシャル ウド・ダークシュナイダー マンチェスター・ファンク レッチリ エイミー・リー 同性愛者 うろ覚え マイケル・アモット チルドレン・オブ・ボドム タトゥ サヴェージ・ガーデン 山野楽器 エボニーティアーズ 宝塚歌劇団 アルバムタイトル スレイヤー 裸の女性 YOSHIKI 芸能人 パラダイスロスト N.W.O. エーエーイコール 再認識 グレン・ダンジグ オンスロート デフレッシュド フィル・アンセルモ 絨毯 カウント・グリシュナック 韓国 歌謡曲 プリティメイズ ワケあり 音楽愛好家 デスオルガン 堀内一史 SOD ビル・ラズウェル ソ・テジ ポーランド 松本隆 スコット・バーンズ トリプティコン ロンドン・エレクトリシティ ボヘミアン・ラプソディー 山口冨士夫 ロラパルーザ 町田康 アーマードセイント 虐待 クリード 飛んでイスタンブール スリープ 木村拓哉 音痴 ストーナー ブラインドガーディアン ツアー マイケル・センベロ ヴァイパー 土星 ヂルチ バブル ダウンロードの違法化 格闘技 ジェラルド・ウェイ グロリア ターヤ・トゥルネン 中古レコード屋 テイチク ARB 爆音 英語 オールフラッシュサイト CD ヴァン・ヘイレン 中古 プライマス ビヨンセ エスプレンドー・ジオメトリコ ドラッド お茶の水 ジェリー・ベスト ハンマーフォール ザ・ストーン・ローゼズ NHK ニルヴァーナ2002 人事 ドラマ デッドエンド アット・ザ・ゲイツ ポップ ジョーイ・テンペスト SARALEE ローガン・メイダー リチュアルカーネッジ オンワード樫山 裏番 おっぱい デボラ・ハリー アンディ・デリス 血液 総本山 藤井麻輝 ソフト・オン・デマンド ラード リメイン・イン・ライト 時代 サスペリア2 アヴァンギャルド ナイル ダグ・ロブ ウォルデマー・ソリクタ アクセプト ヘビーメタル J・マスシス へヴィーメタル館 天坂晃英 ゲイリー・ニューマン TOMATO 泉水敏郎 クリプトプシー 再結成 問題作 ムーミン リチャード・D・ジェームス ジミー・ペイジ ライヴエイド トレヴァー・ホーン AC/DC レイ・ギラン アヴリル・ラヴィーン ギックリ腰 腐女子 ヒール 上田剛士 ザ・マッド・カプセル・マーケッツ アドワーズ ディー・クルップス マストドン ワールドワイド 比賀江隆男 ポップス レミー・キルミスター クラス ミュージック ジョナサン・グレイザー ボーカリスト 廃盤 マイクスタンド パーソンズ 中島みゆき サイキックTV JILL ミニストリー クスリ ベーシスト 葬儀屋 テロリスト J-wave フリートウッド・マック スティーヴ・アルビニ ジェイソニック ダイナソーJR. ライオット 動画 シンボル スロッビング・グリッスル ミック・ハリス 今日のホームラン エピカ ジョナサン・ディヴィス ボウイ 日テレ シアトル アマゾン スコーピオンズ ハリウッド 永遠のパズル カレブ・フォロウィル 仲間割れ 中村勇吾 Burn 渋谷 ドラマー サーストン・ムーア マイク・ボーディン デイヴィッド・リー・ロス ハロー・セイフライド キャッチコピー ストリート・スライダーズ 洋楽 ファーストアルバム スタティック-X マキシマム・ザ・ホルモン  マッシヴアタック 御茶ノ水 スティーヴ・ハリス ヴォイヴォド トレバー・ブラウン トライアンフ ロブ・フリン エラスティカ 悩み PV 。ブラックメタル ピーター・スティール ミザリー・ラヴズ・カンパニー ジム・サールウェル アナセマ 生贄 億万長者 高鍋千年 二十歳の原点 ディストーション 村下孝蔵 プラクシス シックス・フィート・アンダー パクリ ラップ 外資系レコード会社 検索エンジン最適化 80年代 異常 経済破綻 長髪 ジェーンズ・アディクション ポジパン ダム・ヤンキース ジャスティン・ブロードリック メランコリック モダンヘビネス ヌンチャク ベテラン 筒美京平 ザ・ベストテン スーパーマーケット カメレオン シンブリード 映画 ポルカ 聞き手 ファースト CARS ガラパゴス化 シンフォニーX メアリービーツジェーン 恐怖 手島いさむ リアルタイム レッドホットチリペッパーズ トム・アラヤ 都会 トー アイドル フィルター プロ野球ニュース キャンディーズ サード・アイ・ブラインド トゥール ディスゴージ 睡蓮 ニューロシス ニッポン親不孝物語 ザ・ニュー・マスターサウンズ キリスト教 変態 ゲイリー・ムーア モダンヘヴィネス メンヘル 細野晴臣 脱糞 クレイドル・オブ・フィルス ハノイロックス ベン・カルヴァート レイブン デヴィッド・カヴァデール リスナー 報道 尾崎豊 テクニック アタマ クロノス エイプリルワイン レイジ トラヴィス 石橋凌 熟女 アレア アイヘイトゴッド 彩の国さいたま芸術劇場 ゴス オリジナル サイキックTV adwords 椎名林檎 ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン 行進曲 インダストリアルメタル レイヴン WAO! ガルダー サッカー ブリティッシュヘヴィロック ナッシュビル・プッシー 橋本直樹 ホーンテッド ジェイソン・ニューステッド トニー・マーティン 戸川純 ブレント・マッカーシー リフ 首相 後継者 コールドプレイ デンマーク バケットヘッド アングラ マーク・ロマネク スキニーパピー ディオ ザ・スミス ホルモンズ スノーマン インターネット 村上春樹 シャドウ ポール・ディアノ モダンへヴィネス ビーモダン プログレッシヴ バスタード・ノイズ ガス・チャンバース エックスジャパン 1989年 ジム・モリスン シアター・オブ・トラジティー 天皇陛下 ガイア ヴァレンシア 化粧品 ブートレグ アダルトビデオ ボン・スコット 対自核 プレイガール 池田亮司 ミッシェルガンエレファント 流行 PIG インタビュー ジェイ・ケイ コール・チェンバー メルトバナナ 原爆オナニーズ コスモス グリップインク 眉毛 字幕 デヴィッド・カーソン コマンド 新型ウイルス ケリー・キング お姉さん 北朝鮮 ニッキー・シックス デヴィッド・フィンチャー 吉田拓郎 オズフェスト ポルトガル マリリンマンソン パズ・レンチャンチン ピクシーズ オールドマンズチャイルド ガメる 紅白歌合戦 パフォーマンス ドン・キホーテ グーグル パトリック・ジェンセン マイ・ケミカル・ロマンス バイラル広告 夜ヒット レ・キャルソン・ブーシェ オーストラリア ポゼスト セルティック・フロスト バウハウス ベン・フォールズ・ファイヴ ブルーチアー 実験音楽 HIDE ジェロ・ビアフラ ピーター・オーティ クリス・カニンガム ゴッドフレッシュ ノイバウテン ビリー・コーガン ホワイトハウス 田中好子 MTV タマホーム インパクト アネクドテン イエテボリ ジミ・ヘンドリックス フラッシュダンス チルアウト マーカス・グロスコフ 越中詩郎  ゲーム シクス ザ・ギャザリング 古舘伊知郎 ピンククリーム69 アンダーワールド SEO モンスターマグネット ダンジグ ユニコーン お笑い マーク・トランプ がなり ヨーロッパ 詩篇69 マーズヴォルタ フィル・ライノット カスタマーレビュー ジェイムス・チャンス ペシミスト エーシーディーシー メロディックデスメタル ポール・モーリア 解散 ベース 銀座 オールナイトニッポン 氷室京介 ダムタイプ アメリカ KMFDM ロニー・ジェイムス・ディオ フレンチ バイオレット・ユーケー ブリティッシュ 中国 ジェネシス・P・オリッジ フィータス フジロック 歌メロ 東京湾 ほっかほっか亭 ストーナ アダム・ジョーンズ オウテカ シェイディ・グリンプス ジェイムズ・ヘットフィールド DEAD ピエール瀧 PJハーヴェイ フロ・モーニエ フランス ポイズンブラック ペル・ヴィバリ google フェイス・ノー・モア ラブレターのかわりにこの詩を。 アイアン・セイヴィアー レニー・クラヴィッツ カルトバンド 菅野よう子 未DVD化 ロス・ロビンソン ピーター“ピーヴィー”ワグナー 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

その他

フィードメーター - 音楽

あわせて読みたいブログパーツ


にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。