スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

SLEEP スリープ

ストーナーのゴッド、SLEEP スリープの最高傑作のアルバムは「Jerusalem」だと思っている。そのアルバムカスタマーレビューを米国のアマゾンで覗いてみると41人がレビューしていて、星4つ。音楽性を考えると凄いことだ。ビックリした。いかにラリっている奴らが多いかがわかる結果となった。

日本では売ってない。クスリをやっている人々が好みそうな音楽だからか。SLEEP スリープを正当に理解できないアタマの持ち主が多いからか。どうなのか?


米国アマゾンでのSLEEP スリープのアルバム「Jerusalem」のカスタマーレビュー

スポンサーサイト
| BACK TO TOP |

SPIRITUAL BEGGARS スピリチュアルベガーズ

マイケル・アモットがCARCASS カーカスを脱退して一番最初に作ったバンドだったので、すぐさまチェックした。そこで初めて、ドゥームだとかストーナーという音楽に接した。

SPIRITUAL BEGGARS スピリチュアルベガーズが入り口だった。以後、他のドゥームだとかストーナーのジャンルを聴くと、SPIRITUAL BEGGARS スピリチュアルベガーズがいかにメタル寄りだという事がわかった。あくまで入り口なのです。

一番ビックリしたのは、ジェフ・ウォーカーじゃないのかなぁ。マイケル・アモットはSPIRITUAL BEGGARS スピリチュアルベガーズの様な音楽作りたくて脱退して、のちにARCH ENEMY アーチエネミー(あえてこう呼ぶ)作ったのだから。ずっこけたんじゃないかなぁ。よくわからないが。CARCASS カーカスのファンからしてみれば、別にマイケル・アモットが中心メンバーじゃないし、マイケル・アモットがいないアルバムも素晴らしいから…。


| BACK TO TOP |

STATIC-X スタティック-X

STATIC-X スタティック-Xインダストリアルメタルからさらに発展させ面白い音を作り出した。この様な音作りのバンドが多々いる中で、ワールドワイドサクセスを掴んだバンドである。アンダーグラウンドで活動してそうな感じだが、そこはウェイン・スタティックキャラクターの性なのか?日本ではコーイチ・フクダなる日本の方がいる為か、メディアにでる回数は多い様に思える。他のアジアの方でしたらそこまではと。動画を見てみるとどうやらオズフェスト出演時みたいだけれども、アメリカではメタルという認知のされ方みたいですね。本人がよければそれで良いと思いますが。ただ、Skinny Puppy スキニー・パピーなどを聴いているとウェイン・スタティックは語っていたが、その扱いでよいのかどうか。

しかし、なんでオズフェスト、日本に来なかったのだろうか?




| BACK TO TOP |

FOO FIGHTERS フーファイターズ

FOO FIGHTERS フーファイターズで一番初めに購入したアルバムは、「One By One」だったから、このアルバムの一曲目All My Lifeは思い入れが強い。今まで聴いてこなかったのには取り立て理由など無く、なんとなく時が過ぎちまった感じ。それまでは、デイヴ・グロールが絡んでいるモノは聴いていたが、この本体はなんとなく聴いてこなかった。何故だか…。




| BACK TO TOP |

JANE'S ADDICTION ジェーンズ・アディクション

NIN|JA 2009

上のサイトでJANE'S ADDICTION ジェーンズ・アディクションの新曲がダウンロードできます。サイト名がNine Inch Nails ナインインチネイルズの方が先にきているあたりに今の力関係が見え隠れして、なんだか。Nine Inch Nails ナインインチネイルズロラパルーザブレイクした様なものだから、JANE'S ADDICTION ジェーンズ・アディクションには頭が上がらないはず。だから、一緒にツアーをまわっているのかしら。

Nine Inch Nails ナインインチネイルズも2曲、新曲があります。その中の、NON-ENTITYっていう曲、らしくない曲というか。曲名はいかにも、なんだけれど。

ダウンロードしましょう。

| BACK TO TOP |

SLAYER スレイヤー

動画の曲、Dittoheadはジェフ・ハンネマンが創ったと思ってたら、ケリー・キングだったのね。というか、アルバム「Divine Intervention」ではジェフ・ハンネマンはほとんど曲を創ってない…。SLAYER スレイヤーの曲では、ジェフ・ハンネマンが絡んでいる曲が好きだ。まぁ、かっこよければ良いのだけれども。

しかし、Dittoheadでトム・アラヤは歌いながらベース弾けるなぁと感心するばかりです。本当にすごいの一言。

2分間の極上の世界。たぶんプログレの人たちだったら10分くらいにもっていくだろう。だとしたら、SLAYER スレイヤーの方が何倍もスゴイ!!



| BACK TO TOP |

MINISTRY ミニストリー

MINISTRY ミニストリーのアルバム「Psalm 69」(詩篇69)の一曲目N.W.O.の動画です。ブッシュの父ちゃんがスクリーンに映し出されていて政治色が強い。

今聴くとインダストリアルというよりメタルに近いなぁ。もっというとスラッシュメタル80年代の。今でこそ、そう思えてならないが当時は最先端の音楽だったのだろう。まあ、特に「Psalm 69」(詩篇69)はメタル色が強いけれど。最近はもっと実験音楽的な方向ぽいが。

アル・ジュールゲンセンの独裁となった今、どの様な方向に向かうのか?



| BACK TO TOP |

ROLLINS BAND ロリンズバンド

その昔、深夜にフジテレビで「BEAT UK」という、いかにも趣味で作りました的な番組が放送されていて、その中でROLLINS BAND ロリンズバンドのPVが流れていれビックリした記憶がある。

ヘンリー・ロリンズの立ち位置はどこなのか?未だに悩みが尽きない。伝説のBLACK FLAG ブラックフラッグに在籍した事実か、見事なまでの筋肉美なのか。普段ハードコアを聴かなくてもヘンリー・ロリンズの情報が入ってくるから恐ろしい。

そして、アントン・コービンが撮ったPVは見事だった。これはROLLINS BAND ロリンズバンドではなくて、ヘンリー・ロリンズ名義でしたが。そして、何故アントン・コービンが撮ったのかという事実。ヘンリー・ロリンズって日本の芸能人でいうと誰になるのでしょう。ROLLINS BAND ロリンズバンドメタルではなく、ハードコアと呼ばれている事実。

はっきりいって、どうでもいいこと
| BACK TO TOP |

OUTRAGE アウトレイジ



久しぶりにOUTRAGE アウトレイジが聴きたくなった。

やっぱりボーカルは橋本直樹が良い。橋本が復活してくれた事に感謝。ステージアクションや客への煽りなど総合的にみて、日本のハードロックへヴィーメタルのボーカリストではトップクラス。B'zの稲葉なんて目じゃねええって。一度、橋本直樹が脱退して新たにボーカリストを入れなかった事は正解だった気がします。というか、橋本レベルのボーカリストが見つからなかったからか?よくわからないが。

曲は、良くも悪くもとってもキャッチー。どっちつかずだ。だけど、かっこいいと思います。
| BACK TO TOP |

THE STALIN ザ・スターリン

かの有名な、浅草国際劇場でのライブ映像。いやいや凄い時代になりました。こんなものが見れるなんて。youtubeからなんですが、そこにあるコメントが英語表記のものが多かった。日本語ロックは海外に通用しないなんて誤りですね。THE STALIN ザ・スターリンはもちろん別格ですけれども。ところで、謎めいたサックスが流れていますが、これ誰なんでしょうか?まさか、ジョン・ゾーン
遠藤ミチロウもそろそろ60歳に近づいていて、時の流れの速さを感じさせます。

| BACK TO TOP |

PINK FLOYD ピンクフロイド



凄いの一言。

PINK FLOYD ピンクフロイドのアルバム「The Wall」からAnother Brick in the Wall。
たぶん40歳くらいの人だと思うが、これを多感な時期に聴いていた人が大人になった時、どういう人間になっているのか。大きなお世話だが。知るべきではない事は世の中にある。うすうす気づいていたとしても。避けて通れば何のことは無いのに。世の中にそんなことは多々ある。歳をとればなおさらだ。この曲がヒットしてしまったことにより、感情の中でくすぶっていた何かが爆発した多感な子供たちもいた事だろう。いないかもしれないけれど。人間なんてそんなもの。

私は、この動画を見て目の前にある""は一人では壊せない、そのことがわかった。しかし、いろいろ考えさせられますね。
| BACK TO TOP |

CONCEPTION コンセプション

ノルウェーの様式美バンド、CONCEPTION コンセプションの情報を探したのですが、さすがに無いですね。この前、吉祥寺HMVに行ったらCONCEPTION コンセプションのアルバム「IN YOUR MULTITUDE」が見える所にドドーンと置いてあったので流行っているのかと思ったのだが。よくよく考えれば、ただ売れ残っていたに過ぎないのか…。

音的には時代を反映していて、北欧メロディアスモダンヘヴィネスパンテラの様なギターのる、みたいな。

そういえば昔ライブ見たな。日比谷野音で。

彼らもデビューした時が悪かったなぁ。まだまだ、グランジオルタナティブの残り香が充満していた時代だったから。
| BACK TO TOP |

PINK CREAM 69 ピンククリーム69

アンディ・デリスがHelloween ハロウィンに加入前のPINK CREAM 69 ピンククリーム69は、日本において、そこそこ知名度があったから、アンディ・デリスマイケル・キスクの後任に決まった際にはビックリした。ミュージックライフとかその辺の雑誌に特集とか組まれたりしてたっけ。アンディ・デリスの甘いマスクで女性のファンが多かった様な。

アンディ・デリスがHelloween ハロウィンに加入して約15年の月日が経った。アンディ・デリスにおいてHelloween ハロウィンというバンドは居心地が良いのだろうか?アンディ・デリスがPINK CREAM 69 ピンククリーム69を辞めた理由は、確か人間関係的なモノだと聞いていた。その人間関係的な部分でゴタゴタが多そうなHelloween ハロウィンで約15年か…。だとしたら、PINK CREAM 69 ピンククリーム69の内部はとてつもなく醜いものだったのか。なんて、安易に考えるべきではないけれど。アンディ・デリスがこんなにHelloween ハロウィンに居つくとは、アルバム「Master Of The Rings」時には考えもつかなかった。

はっきり言って、アンディ・デリスが脱退以降のPINK CREAM 69 ピンククリーム69はよくわかりません。
| BACK TO TOP |

METALLICA メタリカ

歳を重ねるごとにMETALLICA メタリカへの興味が薄れていくのは何故でしょうか。彼らも歳をとっていく訳だし、彼らもビックになっていく訳だし。金持ちになっていく訳だし。そんな理由なのかどうか。

2000年に入ってから2枚アルバムを出しましたが、どうも80年代の焼き直し的な感じが否めない。その焼き直し加減が、クリフ・バートン抜きっていう所がお笑いだ。

彼らがアルバムを出す度にメディアが大々的にとりあげるから、期待をもって聴くからダメージも大きい。彼らがインディーズで細々と活動していたらこの様には成らないはずだ。たぶん。この前だしたアルバムは売れたのでしょうか?でも、大金が入っているのだろう。ジェイムズ・ヘットフィールドラーズ・ウルリッヒに。

ジェイムズ・ヘットフィールドは脱退してソロでやった方がよいのでは。タイミングを逃しましたか。なんか、ラーズ・ウルリッヒはMETALLICA メタリカが終わったら、表舞台に出れない気がする。メンバーチェンジでもして一新すればいいと思う。思う。思う。



| BACK TO TOP |

CANNIBAL CORPSE カニバルコープス

毎度の事、アルバムアートワークでソレらしい物を提供してくれるデスメタルバンド、CANNIBAL CORPSE カニバルコープスが今日、新作を出すとの事。今度のアートワークもすこぶる宜しい。音よりもそちらが気になるバンドです。

CANNIBAL CORPSE

上記のアルバムタイトルは「Tomb of the Mutilated」
以前、イギリスに行った時、現地の中古レコード屋の店先に飾ってあった。しかも誇らしげに。よくわからないが、イギリス人にとって素敵に映ったのでしょうか。真相は謎のまま。
| BACK TO TOP |

BLACK WIDOW ブラックウィドウ

買おう、買おうと思っていて、だんだんと時が経ってしまった。BLACK WIDOW ブラックウィドウの「SACRIFICE」である。

邦題は悪魔悪女生贄とか、なんか凄いタイトルが付けられていますが。こういうアルバムも時が経つにつれ、廃盤へと追い込まれる運命にある。ダウンロードすればいいとお思いでしょうが、未だにCDを手元に置きたい性質で。

まだまだ、買いたい物はありますが、とりあえず、今日の所はこれで。
| BACK TO TOP |

STEVE ALBINI スティーヴ・アルビニ

世間の人がSTEVE ALBINI スティーヴ・アルビニの存在を知ったのはNirvana ニルヴァーナのアルバム「IN UTERO」だったかもしれない。STEVE ALBINI スティーヴ・アルビニにしてみれば大金が入ってきた仕事だったろう。
実際、STEVE ALBINI スティーヴ・アルビニにしてみればこの仕事をどう思っていたのか。仕事を引き受ける前と後とでは印象も違うが。bigblack ビッグブラックのファンにしてみれば、アンダーグラウンドにいて欲しかった人物ではあるが。
それにしても、あの時代はなんだったんでしょうか?Pixies ピクシーズや、Dinosaur Jr. ダイナソーJr.や、Sonic Youth ソニックユースや、そしてNirvana ニルヴァーナ達は今何を思う。なんか、すごい時代だったなぁ。その様なバンドが表舞台に出てきたから。
ところで、bigblack ビッグブラックの再結成はないのか?
bigblack

「Songs About Fucking」bigblack
| BACK TO TOP |

FUDGE TUNNEL ファッジトンネル

FUDGE TUNNEL ファッジトンネルの様な素晴らしいバンドでさえ、時が経つとアルバムが生産中止に追い込まれる今日この頃。インディーズのバンド達なんてもっと醜い状況ではないかと思ってしまう。現実はどうだ。
当時はやったモダンへヴィネスを底辺としてその上にノイズが縦横無尽に駆け抜ける。ありそうでなかったバンドで、私としては評価が高かった。現実はどうだ。
今の内にCD探して買い占めるか。今後はもっと手に入りづらくなるだろうなぁ。ヨーロッパあたりで個人輸入しなければいけない時代もくるかもしれん。今もバンドによってはそんな事ありますが。
アレックス・ニューポートは元気だろうか?

| BACK TO TOP |

DEATH デス

チャック・シュルディナーが死んでしまい、DEATH デス再結成は夢へと消えた。独裁政治も続いていたし、まぁ、代わりの人物を探す事は無理だし、もう無理だ。今ではオールドスクールと呼ばれているのかよくわからないが、今のデスメタルだってそんな音を出している訳だし、オールドスクールって呼ばれてている事に疑問を感じる。チャック・シュルディナーの声、デスボイスが独特で、この人の歌を聴いて、デスメタルボーカルも色々な種類があるのだと気づかせてくれた。しかし、よく来日してくれたものだと、今あらためて思う。なかなか来日してくれないデスメタルバンドがいるなかで。やっぱり、日本で人気があったからに他ならないが。

DEATH デスってPV作ってたのですね。びっくりです。

| BACK TO TOP |

OBITUARY オビチュアリー

なかなか良いアルバムのアートワークという事で、OBITUARY オビチュアリーの「DEAD」を。

OBITUARY

アルバムタイトルといい、このアートワークといい、なんというか(笑)

デスメタルを地で行くOBITUARY オビチュアリーらしいと言えば言えた。だけど、OBITUARY オビチュアリーの音楽はデスメタルらしくない。デスメタルの中では。

| BACK TO TOP |

DIO ディオ

DIO ディオが1994年に出したアルバム「Strange Highways」は発売当時、酷評酷評酷評の嵐で今、現在再評価されたのかわからないが、私は発売当時からカッコイイ、アルバムであると考えております。

しかし、なんで酷評されたのかわからん。一体、「モダン」って何?Heaven And Hell ヘヴンアンドヘルでもいわゆる「モダン」って曲やってるじゃん。だけど盛り上がってるし。

ロニー・ジェイムス・ディオは何歳だかよくわからないし、いつまで続けるかはわからないけれど、再結成はRainbow レインボーじゃなくてDIO ディオの方向でお願いします。

下記の曲は「Strange Highways」に入っているJesus, Mary and The Holy Ghostという曲。カッコイイと思うけどね。

| BACK TO TOP |

SONIC YOUTH ソニックユース

今年のSUMMER SONIC 09が発表された。なんでも、SONIC YOUTH ソニックユースとNine Inch Nails ナインインチネイルズとAphex Twin エイフェックスツインが出るとか。

まずないと思うが、この3組が同じ日にちに出演したら面白いだろうな。そして、飛び入りなんかしてくれたものなら、尚結構じゃありませんか。まずないと思うが。

サーストン・ムーアのギターとトレント・レズナーのボーカルそして、リチャード・D・ジェームスが!まぁ、まずないと思うが。サマソニは行った事ないが、そんな事が起こったら何が何でも行かなくては。早く日にちの発表をして下さい。

しかし、上記の3組はフジロックに出られなくもないが、サマソニ。Nine Inch Nails ナインインチネイルズは、またフジロックに出られなかったのだろうか。そして、トレント・レズナーは、またオノデンの前で写真を撮るのだろうか。

だけど、SONIC YOUTH ソニックユースサマソニってピンとこない。
| BACK TO TOP |

PARADISE LOST パラダイスロスト

PARADISE LOST パラダイスロストはアルバム「Icon」のゴシック路線でいって欲しかったという事が本音。しかし、「Draconian Times」で大きく変わってしまいました。ゴシックというよりニューウェーブ的になったというか。アルバムのアートワークの雰囲気も変わってしまった。オドロオドロしさ、そんな所が無くなってざんねん。
ケラングで一時期大きく取り扱ってもらって、もっとポップスに行きたかったのだろうか?

下の動画は、アルバム「One Second」に入っているSay Just Words。むむむ

| BACK TO TOP |
| ホーム |

プロフィール

lisaloeb

Author:lisaloeb
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ユーザータグ

808State ソ・テジ 英語 ブレイズ・ベイリー フレディ・マーキュリー追悼コンサート NHK 村上春樹 流行 都会 パルコ 尾崎豊 高野悦子 恐怖 中村勇吾 ポール・マッカートニー グーグル グレン・ダンジグ イエテボリ つまみ食い ビザールアップロア 鴻上尚史 マーク・リアリ サイドギター ミック・ハリス 音楽愛好家 ブリティッシュ ピクシーズ ニュージャージー サウンドボイス ロラパルーザ ハウス クイーン ミック・マーズ ゴアフェスト アート 裏番 ザ・ベストテン 千年COMETS セレナ・マニッシュ ミザリー・ラヴズ・カンパニー ブルース・ディッキンソン 御茶ノ水 KYONO J・マスシス レイジ 今日のホームラン フジテレビ ジェイソン・ニューステッド サヴェージ・ガーデン ウィリアム・デュヴァール フィントロール お茶の水 ジョニー・キャッシュ スピード 眉毛 人生 セゾン へヴィーメタル館 コール・チェンバー フジロック アンガス・ヤング ジェネシス・P・オリッジ スレイヤー ヴァン・ヘイレン ディスチャージ 宇川直宏 レ・キャルソン・ブーシェ 後継者 ポイズンブラック ウリ・カッシュ ブレイク YOSHIKI 松本隆 ミスフィッツ ウィキペディア 個人輸入 スロッビング・グリッスル ダン・リルカ モトリークルー 歌メロ クレイドル・オブ・フィルス ロニー・ジェイムズ・ディオ ビリー・シーン フランス レイブン バケットヘッド 始業式 キャラクター 渋谷 デス メアリービーツジェーン 黒柳徹子 ヨーテボリ アヴァンギャルド メシュガー アイドル サルコファグス ジェリー・ベスト リメイン・イン・ライト ポルカ 宝塚歌劇団 ターヤ・トゥルネン オンワード樫山 シックス・フィート・アンダー ペシミスト WEBデザイン ツーバス リー・ドリアン コラプテッド 夏休み 京都大学西部講堂 CARS 三宅伸治 ビル・ラズウェル お姉さん ドラマー ロス・ロビンソン ゲイツ・オブ・イシュター 睡蓮 中野サンプラザ ドッグ・イート・ドッグ 穴奴隷 レッド・ウォーリアーズ 時代 ドアーズ Dropp トレヴァー・ホーン ハンバーグ メキシコ オーヴァーキル 1050年地下行き ディスゴージ ストームトルーパーオブデス 独裁政治 筒美京平 カスタマーレビュー 宮崎勤 再認識 ジャケ買い 発射 江川卓 バウハウス 神聖かまってちゃん マイケル・アモット MTV トライアンフ エリック・バーク ヴェノム マイケル・センベロ ミュージック バイティング・タンズ 脱糞 歌謡曲 モリッシー カレブ・フォロウィル 即興 世知辛い バスタード・ノイズ スティーヴ・アルビニ テクニック 行進曲 リフ DOC アジア リスナー デイヴィッド・リー・ロス グレッグ・レイク トレバー・ブラウン 太陽の破片 マッテ・モーディン N.W.O. カルチャー ジギー キャンディーズ 死体防腐処理 シャドウ ダンジグ 長髪 ブレント・マッカーシー モノラル ストリート・スライダーズ ベーシスト ザ・マッド・カプセル・マーケッツ KORN 山野楽器 フリートウッド・マック ニューオーダー 大統領 ジェイムス・チャンス・アンド・コントーションズ ヴァンヘイレン デザインプレックス ゲイ SOD 焼き直し ユニコーン ジェイ・ケイ レイ・ギラン コールドプレイ のりピー エラスティカ ライオット ジェーンズ・アディクション ヒロイン エイプリルワイン 高田馬場 エマーソン・レイク・アンド・パーマー 飛んでイスタンブール 葬儀屋 連想 オールドマンズチャイルド 人間解体 現代思想 悪女 ナグルファー ジャンル ミニストリー アイアン・セイヴィアー ディ・クルップス イ・プー 椎名林檎 ハイトーン ワールドワイド ライヴエイド お笑い Hi-ReS! プログラマ ジェイソニック ア・パーフェクト・サークル アニメ フロ・モーニエ シンブリード ブルーマンデー 一発屋 エイミー・リー モンスターマグネット カウント・グリシュナック オーペス 浅草国際劇場 センス ビートルズ カイリー・ミノーグ ツアー  新品 プログレッシヴ スノーマン ゴッドフレッシュ 橘いずみ 親友 スキニー・パピー アウトレイジ 嶋本斎子 ドラマ  ジェイムス・チャンス 遠藤ミチロウ  外資系レコード会社 石原智広 フラッシュダンス エーシーディーシー レーベル クラス ダウンタウン ヴィレ・レイヒアラ NWOBHM ダグ・ロブ オリジナル B級 エボニーティアーズ 庄野真代 ファミレス オールドスクール ファッジトンネル Y&T 虐待 インゴ・シュヴィヒテンバーグ ガンズアンドローゼス ネクター スマッシング・パンプキンズ オルガン アイヘイトゴッド トゥール エーエーイコール ミッシェルガンエレファント 紆余曲折 マリリンマンソン アンジー ジャミロクワイ ザ・スターリン 山口冨士夫 金持ち 天坂晃英  フィル・ライノット マテリアル ザ・ギャザリング ヴァーグ・ヴィカネス 阿部義晴 矢沢永吉 ジョン・ノーラム オズフェスト アレックス・ニューポート メルツバウ ジェロ・ビアフラ 牧場 アダム・ジョーンズ 汐留PIT デイブ・ロンバード 伊藤蘭 コスモス シアター・オブ・トラジティー フリージャズ 格闘技 ロッキングオンジャパン 氷室京介 エヌ・エシュ マイク・オールドフィールド マーズヴォルタ ハナタラシ イタリア メランコリック シンフォニーX ジェームズ・ヘットフィールド ウド・ダークシュナイダー ズワン 町田康 モダン ピーター・スティール ポーランド サマソニ サクセス イエス フリーク・オブ・ネイチャー 手島いさむ ドタキャン アメリカ人 街路樹 RCサクセション 水戸華之介 ハリウッド ダイナソーJr. トム・ヨーク プリティメイズ プロ野球ニュース ジュリーwithザ・ワイルドワンズ デヴィッド・カヴァデール 課長 夜のヒットスタジオ 衛詩 シェイディ・グリンプス ガンズ・アンド・ローゼズ チルアウト サスペリア2 808ステイト 特価 吉祥寺 スティーヴ・ハリス メイナード・ジェームス・キーナン ブルータルトゥルース ダンス トー 80年代 ギックリ腰 ペル・ヴィバリ ボリス 地理 石橋凌 ビリー・コーガン シアトル ロンドンエレクトリシティ ニヒリスト モダンヘヴィネス ダフト・パンク カメレオン マディソン・スクエア・ガーデン ヘッドスイム ラード ロリンズバンド 藤井麻輝 テレ朝 ママハハ・ブギ 2ch エピカ アドワーズ ジューダス・プリースト ベルリン ロンドン・エレクトリシティ パラダイスロスト アメリカ ファーストシングル ポール・レイヴン ブッシュ 熟女 同性愛者 リチャード・パトリック リアルタイム クリード ジーン・ホグラン ファーストアルバム ヘンリー・ロリンズ オールフラッシュサイト ファースト デヴィッド・フィンチャー エックスジャパン リンキンパーク ハートワーク 日比谷野音 夢魔 タイマーズ ラーズ ボーカリスト ロイクソップ #1 インターネット 異常 タネリ・ヤルヴァ フィル・アンセルモ コリー・ヤーキン ストーン・テンプル・パイロッツ アマゾン 問題作 Burn ソフトセル ダイムバッグ・ダレル 源流 悩み ウォルデマー・ソリクタ 未DVD化 ヂルチ ゲーム モーターヘッド キッス 藤村美樹 斜陽 スコーピオンズ 沢田研二 フィルター フォロワー 銀座 マイクスタンド ピンククリーム69 オノデン アット・ザ・ゲイツ フーバスタンク 聞き手 ダイエー ウリ・ジョン・ロート ビーモダン ダム・ヤンキース オレンジゴブリン 公文 邦題 変態 メロディックデスメタル 再評価 メデスキ・マーチン・アンド・ウッド 東京湾 ゲイリー・シェロン デヴィッド・カーソン バックマン・ターナー・オーバードライブ エイドリアン・スミス ギャラガー兄弟 デッドエンド ゲイリー・ニューマン 反骨精神 アート・オブ・ノイズ SPK 泉水敏郎 サイキックTV デイヴ・メニケッティ タイトル 飴屋法水 ベクトル ヴァイパー マーカス・グロスコフ ワイ・アンド・ティー フレンチ 不況 マンチェスター・ファンク スーパーマーケット ロビン・フィンク スキニーパピー 詩篇69 マグナム ほっかほっか亭 田中好子 トリップ 土星 スキンヘッド 神経衰弱 高鍋千年 トップガン 変人 川西幸一 ジル・ヴィダル クスリ ヴァレンシア サーストン・ムーア ロバート・トゥルージロ ガルダー トリヴィアム 悪口 アーマードセイント YMO マイケル・キスク 影響 ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン amazon 韓国 比賀江隆男 原爆オナニーズ サフォケイション ベテラン オウテカ ストーナ マキシマム・ザ・ホルモン 木村拓哉 女子高生コンクリート詰め殺人事件 スティーヴ・ヴァイ レニー・クラヴィッツ トム・アラヤ AC/DC ヴォイヴォド ヌンチャク ロブ・フリン アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン アレア 吉田拓郎 ナース・ウィズ・ウーンド ディズニーランド・アフター・ダーク 二十歳の原点 AV ジョニー・マー ブラックフラッグ ユーライア・ヒープ 中古 ペインキラー ゴアグラインド ディストーション ニッポン親不孝物語 インパクト フィータス 映画 スリーピース シンフォニック アダルトビデオ ディムボガー 西海岸 プロデュース マーダック カレーライス ピーター“ピーヴィー”ワグナー エスプレンドー・ジオメトリコ ニルヴァーナ2002 ふざけんなよ エクソシスト 永遠のパズル ロードランナー キャリア タイプ・オー・ネガティヴ ダムタイプ 動画 ウィリアム・バロウズ レッチリ ビッグスクーター ニューロシス オールアバウトイヴ ストップ・メイキング・センス カーディガンズ クーラ・シェイカー 人事 洋楽 ディー・クルップス アイシテル-海容- アンディ・デリス ドリームシアター PV ブルーチアー 音痴 堀内一史 プレイガール ポピュラー 人脈 ジミ・ヘンドリックス ジャスティン・ブロードリック 中国 マイ・ケミカル・ロマンス ジャズ デイクルツプス アナセマ キャンセル 新木場 オンスロート 細野晴臣 広石武彦 ベイダー シャウト・アット・ザ・デビル キャプテントリップレコーズ ブートレグ デス声 フィオナ・アップル 検索エンジン最適化 J-POP テープワーム おっぱい アタマ ポール・モーリア イエスタデイ&トゥデイ 富士山 エディ・ヴァン・ヘイレン SARALEE ハイ・オン・ファイア Jポップ クローフィンガー レイン・ステイリー 彩の国さいたま芸術劇場 ジェイムズ・ヘットフィールド ザ・キュアー ジム・サールウェル 生贄 北朝鮮 本田毅 メコンデルタ ニューウェイヴ 中島みゆき ナイル キリスト教 カーブドッグ 電通 メンヘル アクセプト 橋本直樹 オランダ SEO チンコ エクストリーム トリプティコン 芸能人 オーストラリア 。ブラックメタル サード・アイ・ブラインド ローランド・グラポウ アメリカ原住民 BOØWY コマンド 日比谷野外音楽堂 ラ・ラ・ラ・ヒューマン・ステップス ウイングス 大英帝国 アルバムタイトル カルトバンド ガス・チャンバース 解散 シクス レミー・キルミスター ジェラルド・ウェイ 村下孝蔵 デフレッシュド 仲間割れ マーク・ロマネック 電気グルーヴ カタコンベ ディル・アン・グレイ パトリック・ジェンセン 再結成 マーク・ロマネク レイモンド・ワッツ ジョナサン・グレイザー MR.BRAIN ラブレターのかわりにこの詩を。 ジェフ・ハンネマン ホワイトハウス プーチン首相 WAO! TOMATO J-wave パクリ レッドホットチリペッパーズ オビチュアリー ラーズ・ウルリッヒ コーイチ・フクダ シンボル オリアンティ ニューアルバム FM東京 1989年 総合芸術 紅白歌合戦 ミュージックライフ アクシス 酷評 パフォーマンス ケヴィン・ムーア アイアンメイデン アネクドテン ARB ヒーロー EARTHBOUND デスオルガン オールナイトニッポン ノイ! ジョン・ブッシュ ホリエモン DEAD クロノス エイドリアン・ブリュー ミュージックステーション レイヴン メロディー ノイバウテン マイケル・シェンカー スコット・バーンズ リチャード・D・ジェームス ゲイリー・ムーア ジュリアンヌ・リーガン ジオグラフィック フランス語 トラッド カナダ カヴァーデイル・ペイジ うろ覚え 中途半端 クリプトプシー 天皇陛下 カニバルコープス グリップインク ロックオペラ インフェクシャス・グルーヴズ ビデオ ヘヴンアンドヘル デヴィン・タウンゼンド 日テレ 表舞台 池田亮司 アベフトシ 首相 対自核 ジョージ・マイケル デヴィッド・カヴァーディル 右翼 ピーター・オーティ ビヨンセ メルトバナナ 現役 BURRN! 字幕 ドロップキック ハノイロックス CD ソニックユース 薔薇 ワケあり ムーミン タトゥ ボヘミアン・ラプソディー 大迷惑 日本語 PJハーヴェイ ポップス アナスタシア ポゼスト バラス・ヒュー・バンド ピアノ ハロー・セイフライド パーソンズ 音楽 ヘビーメタル ジム・モリスン ディオ キングス・オブ・レオン セルティック・フロスト アイアン・メイデン 戸川純 チルドレン・オブ・ボドム 野宮真貴 カタメニア マルフォームド・アースボーン イージーリスニング ジョナサン・ディヴィス ジャケット バイラル広告 高橋 インタビュー マーク・トランプ テイチク カナディアンマン 宗教 爆音 ゲルニカ チャック・シュルディナー アートル サイレニア AA= キャッチコピー ベン・フォールズ・ファイヴ アル・ジュールゲンセン ダウンロード 上野耕路 キグルミ ベン・カルヴァート インダストリアルメタル ザ・ニュー・マスターサウンズ ダウンロードの違法化 テレビドラマ 佐伯健三 ユリイカ 裸の女性 ジョナサン・デイヴィス ポジパン 中古レコード屋 藤田勉 石野卓球 マストドン adwords スイサイダル・テンデンシーズ スーパーフライ モダンへヴィネス ケベック デンマーク ロニー・ジェイムス・ディオ 星羅 ニューウェーヴ アングラ 億万長者 サッカー 天才 ニッキー・シックス ダメージ ポルトガル ゴブリン ジェイク・E・リー 海外 ビジュアル ダニ・フィルス 悪魔 ポール・ディアノ タマホーム ロシア ピエール瀧 腐女子 がなり ソフト・オン・デマンド スペイン リチュアルカーネッジ マッシヴアタック リッチ・ホーク 演劇 ホーンテッド 化粧品 デボラ・ハリー ホルモンズ オーケストラ ドラッド ビッグブラック EP7 フェイス・ノー・モア 越中詩郎 モダンヘビネス 経済破綻 自然 テロリスト レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン チェコ アヴリル・ラヴィーン カンニバルコープス アントン・コービン ストーナー ザ・スミス 新型ウイルス ガラパゴス化 KMFDM プラクシス バブル ロッキングオン JILL 年齢不詳 コンセプション FUNK ドン・キホーテ ガメる 次長 ヒール ベース バイオレット・ユーケー ジョーイ・テンペスト ゼロコーポレーション 総本山 渡邉貢 絨毯 ミーカ・テンクラ クラフトワーク 日本人 ビル・スティアー ダイナソーJR. ジミー・ペイジ スピリチュアルベガーズ カーディアント スリープ GOREFEST ヘビメタ マイク・ボーディン アイアンモンキー 菅野よう子 タトゥー 飛距離 アップビート ローガン・メイダー トラヴィス youtube スタティック-X HMV デコ google グロリア ポップ 布袋寅泰 マイス トルコ コマーシャル ジャニス Belus 夜ヒット 古舘伊知郎 神月茜 ラップ ミュージックビデオ 血液 THUNDERSTEEL ゴス リヴ・ムーン サックス 報道 ジャーマンロック 奥田民生 裸のラリーズ 夢・恋・人 サイキックTV ブリティッシュヘヴィロック ユーチューブ サラリー リバイバル ケリー・キング パズ・レンチャンチン 実験音楽 プライマス 宝島 放送禁止用語 シニシスト サマーソニック HIDE ミクスチャー 廃盤 トニー・マーティン ロバート・スミス ジェフ・ウォーカ ボウイ ブラインドガーディアン ヨーロッパ ザ・ストーン・ローゼズ アンダーワールド マイケル・ヴァイカート ナッシュビル・プッシー 上田剛士 マーク・リール ホワイトスネイク PIG イエロー・マジック・オーケストラ ブラックウィドウ プロ野球 上半身裸 ジュンスカイウォーカーズ 五感 ガイア 演奏 ハンマーフォール CORRUPTED ボズ・バレル ヤホワ13 ボン・スコット ティム・クリステンセン ロバート・フィリップ クリス・カニンガム レコード屋 バラエティ番組 ネガティヴ 忌野清志郎 クール 民族音楽 伊藤正則 農業 ウェイン・スタティック サシャ ブルックリン ストラッピング・ヤング・ラッド ハルメンズ ヒルマ・ニコライセン ラビリンス ニンギジーダ バンド 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

その他

フィードメーター - 音楽

あわせて読みたいブログパーツ


にほんブログ村 音楽ブログへ にほんブログ村 音楽ブログ ロックへ にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ にほんブログ村 音楽ブログ オルタナティブへ ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。